ギフテッド教育の日本での事例。ギフテッド教育で、天才を育てる

ギフテッド教育の日本での事例。ギフテッド(天才)を、育てる。

 

「ギフテッド教育」という言葉が、世界的に有名になってきています。

 

特に教育の先進国であるアメリカでは、特別支援という単語はもはやネガティブなイメージを持つものではなく、その人に合ったマネジメント方法として広く受け入れられています。

 

アメリカのギフテッド教育についてはこちらに詳しくまとめてあります。

海外から見る、天才の育て方。日本で教育改革をすべきなのか。
天才の本質と教育技術の革新という論文の解説・まとめです。 天才の本質とはどのようなものなのか?そして、そのような天才を生み出すために教育はどのようにして変わっていくべきなのかについて書かれています。 あなたはどのタイプの天才ですか?

 

では、日本ではギフテッド教育について、どのような取り組みがなされているのでしょうか。

 

どのように子供に教育をすれば、ギフテッド(才能)を発揮するのでしょうか。

 

今回は、ギフテッド教育に関して、日本で行われている取り組みについてまとめてみました。

 

ギフテッド教育とは?

ギフテッド教育とは?

 

そもそも、ギフテッド教育とは何?という方のために、ギフテッド教育について紹介します。

 

ギフテッド教育とは、端的に言うと、一人一人に合ったマネジメントを目指す教育のことです。

 

みんな違ってみんないいという言葉に表されるように、そもそも、子どもに同一の教育を横並びで受けさせること自体ナンセンスなんじゃないかというところから始まったものです。

 

歴史上の偉大な人物には、発達障害や躁鬱病の人が多く見られるという研究の結果もあり、子どもの個性を生かして、その才能を最大限発揮するという画期的な教育制度です。

 

ギフテッド教育に関する議論

 

一方で、ギフテッド教育への批判もあります。

 

ギフテッド教育という名称では、その教育を受けていないものがギフテッドでない(才能がない)ように見られる社会になってしまうのではないかというようなものです。

 

また、ギフテッド教育を受けられなかった子どもたちと、ギフテッド教育を受けた子どもたちが大人になった場合に、ギフテッド教育を受けたか否かによって貧富の差が拡大するのではないかという懸念もあります。

 

日本のギフテッド教育

日本で行われているギフテッド教育

 

日本では横並びの教育が行われているところが多く、海外で進んでいるギフテッド教育は、いまだ導入段階にあるといわれています。

 

日本の教育では個性のない人間の再生産が問題となる一方で、ギフテッド教育を国として行っていないということは、貧富の差はあまりなく、過ごしやすい国であるという利点もあります。

 

自由よりも協調が重視される風土の日本で、どのようなギフテッド教育が行われているのでしょうか。

 

日本のギフテッド教育① モチベーションアカデミア



ギフテッド教育では、個人に合った教育を提供するために、IQなどの学力数値の把握が必要です。

 

GIQ子ども能力遺伝子検査では、国内の医療機関でIQの検査を行い、記憶力の能力値を測定します。

 

そしてその結果をもとに、どのように子どもをマネジメントしていけばよいのかということ、詳しい学習法まで紹介してくれます。

 

アメリカのギフテッド教育でもIQを把握するところからスタートし、そこからどのように教育するかという方針を考案します。

 

アメリカの研究結果に基づく合理的なサービスであるといえます。

 

自宅で出来て安心/国内だから安全【GIQ子ども能力遺伝子検査】

 

日本のギフテッド教育 Z会Asteria



Z会Asteriaでは、英語4技能講座、数学新系統講座、総合探究講座(中学・高校生対象)の3つの講座があります。

 

中学・高校講座が用意されているため、成長が早い人もどんどん先へ進めることができるのが良いところです。

 

好きこそものの上手なれという格言がありますが、本当にその通りで、好きなことをやっているときの没頭感と吸収力というのは、努力では追いつけないほどの成果を発揮することができるといわれています。

 

好きなことを見つけるためには、色々なことにチャレンジしなければなりません。

 

それをサポートするのがZ会のギフテッド教育です。

 

無料で資料請求も行っているため、一度チェックしてみるのもアリだと思います。

 

Z会Asteria まずは無料でお試しください

 

好きなことへの没頭感という話では、堀江貴文さんのこちらの動画も参考になります。

 

 

日本のギフテッド教育③ 翔和学園

 

学園の目的を「人間の生きていく気力を育てる」と掲げ、発達障害の子どもたちに特別支援を行っています。

 

翔和学園HPより

ギフテッド
翔和学園では才能(Talent)を伸ばすだけではなく、才能(Gifted)のための特別支援教育をおこなっていま…

 

障害の治療を第一に考えられてきた子どもたちの本来持っている才能を伸ばすため、主に理科系の能力の向上を目指し、専門家からの指導や工場見学等のアクティビティも行っています。

 

アメリカで行われた研究をもとに、アメリカのギフテッド教育をしっかり取り入れた良い教育制度だと思います。

 

これからの日本のギフテッド教育の在り方

これからの日本のギフテッド教育の在り方

 

これからは、個人で生きていく時代になっていきます。

 

インターネットサービスの普及によって、インフルエンサーのみならずただの個人も発信力を持つことが可能になった今、将来は小さなコミュニティがたくさん増えていくのです。

 

その中で生きていくには、「みんなと同じ」「やりたいことがない」ではなく、自分のアイデンティティを発信しながらコミュニティを創っていく人物がリーダーになっていきます。

 

なので、小さくても良いから、自分が時間も忘れて一生懸命に取り組める「好きなこと」を見つけることが次世代のギフテッド教育だと思います。

 

「レールから外れる」という時代は終わり、「自分でもレールを作れる」時代になっているのです。

 

親はそのレールを作る支援をする(お金、つながりなど)というのが一番です。

サステナビリティに関する活動と、その報告の在り方について最新情報をお届けするWebメディア

Social

Copyright © 2021 Wemee Inc. All Rights Reserved.